読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すかしたフィルター

頭の中ってごちゃごちゃしてるよね。

世界一周はカッコ悪いのか?

お疲れ様です。モロヅミです。

こないだ「世界一周なんて誰でも出来るようなことを個性と呼ぶのはカッコ悪い」というような趣旨の記事を読みました。

引っかかったので、自分の考えを書いていきたいと思います。

それは本当に自分がしたいことか?

私はこれは欲望の源がどこにあるか、といった問題だと思います。つまり、自分の中から発されたものか、それとも他者から発したものか。

分かりやすいのが、三大欲求と呼ばれる、睡眠欲、食欲、性欲。これらは基本的には自分自身から出てきています。誰に言われなくても眠たくなるし、お腹が減れば何か食べたくなる。気になる人と性交渉をしたい、というのも自然発生的に起こるものだと言えます。きわめて個人的な発生経路です。

運動したい、読書をしたい、映画をみたい、誰かと話がしたいというのは、どこから発生しているのでしょうか。当たり前ですけど、運動をしなくても、読書をしなくても、映画をみなくても、ずっとひとりでも、生きてはいかれます。そんな生活は想像もしたくありませんが。

これらは、個人的な欲求だけど、そうじゃない部分もある。もちろん、過去の体験から自分にとってよかったから、またしたい、というのが基本だと思います。体を動かすと、ストレス発散になるし、気持ちいいからまたやりたい。小説を読んで感動したからまた読みたい。過去にポジティブな経験をしているから、またその体験を得たい、という欲求です。

ただこれが本当に100%自分自身から発せられているか、というと、なんか違うような気がしませんか?「今、走るのが流行っているらしい」「この小説が面白いらしい」「有名人が推薦していた」等、他者の目線や行動が欲望のきっかけになっていることはありませんか?

「人の欲望は他者の欲望である」というのはラカンの言葉ですけど、私はこの言葉がけっこう気に入っていて、「自分の欲望は誰かの欲望を写し取ることでしか自覚できない」と読み下しています。単純な例でいくと、町でアイスを食べている人を見て、「ああ、自分はアイスが食べたかったんだなあ」と気付くこととかですかね。ものすごく陳腐な例ですけど。

 つまり、「自分がしたいこと」というのは自分の中にはあり得ない。他者の振舞いをみて、「自分のしたいこと」に気付くわけです。じゃあそもそも個人的な欲求なんて存在しないんじゃないか?というと、そうでもないような気もするんですよ。

ここんところがなんともややこしいけれど、他者というのはそこここに転がっていて、いろんな他者がいるんですけど、そこから「欲望の対象としての他者」を選びとるのは自分ですからね。

たとえば、私はあんまり野球に興味がありません。だから野球選手をみて、うらやましいとは思いませんし、野球をしたいとは思いません。逆にテレビで旅番組を見ている時なんかは、いいなあ、私も旅したいなあって思いながら見ています。

欲望の出発点が自分よりなのか他者よりなのかというのを考えるとすこし面白いかもしれません。

欲望の純度

考えてみると、自分がしたいことが経験によって支えられている部分って案外少ないような気がします。

自分の欲望が自分に完全に属している時、その欲望は純度が高いといえるような気がします。たとえば「○○さんがしていておもしろそうだったからしたい」というとその欲望は自分に属していると言えるでしょうか?あんまり言えないと思います。批判しているわけではありません。念のため。他人がしてて、自分もしたい、というのはぜんぜん普通のことだと思います。

純度が高いからいい、悪いということでもないですし、そもそもその欲望は叶えたほうがいいものなのかもちょっとわかりませんからね。

「世界一周欲」の純度はそこまで高くないような気がします。というよりも、世界一周って、普通に生活してたらあんまり考え付かないです。テレビや書籍で世界一周をみて、したい、と思う人が圧倒的に多いはずです。そうすると、「自分で見つけた自分の欲望感」はあんまりありません。だから、とってつけたような欲望になってしまうんだろうと思います。

世間では「欲望の純度は高いほうがいい」と思われているように思えます。「○○みたいになりたい」というと、ものすごく軽く見られるように思えます。それは欲望としてだけではなく、分別の問題とか覚悟の問題でもあるでしょうけども、なんとなく、自分の拠り所を他者に預けているような気になるからだと思います。自分のしたいことを他者に決められていいのか、と。

でも実際にはほとんどの人が他者の欲望に乗っかって生きてると思うんですよ。

私もそうですし、たぶん、あなたも。

それは別に悪い事じゃなくて、そうなっていることに自覚的になれるかという問題だと思います。自覚しないほうが幸せかもしれないですけど。

だから、全然、カッコ悪くないです。